スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはや、交通事故とはいえない(2008.11.17号)

  • 2008/11/17(月) 14:40:45


読者の皆さん、お久しぶりです。管理者の総合ラジオ局です。


約1ヶ月ぶりのコラムです。


ここ3日間、大阪府内でひき逃げ事件が相次ぎ、怒りが治まらない日々である。


皆さんのなかには、管理者の考えと同じ方がいるのではないでしょうか。


なかには、人をぶつけただけでも感覚がわかるのに、あえて逃げる必要があるのか、全く理解しがたいのである。


けさ(11月17日)未明、またひき逃げ事件があったという。しかも、またまた大阪府内である。


これらの事件の傾向として、数キロにわたり引きずっている点である。


福岡県内であれだけの被害者を出し、教訓を活かさなければならないのに、今回のひき逃げ事件では全く生かされていない結果を露呈しているのである。


これでは、被害者のことが浮かばれないのである。


一部の大人(オトナ)の方が、このような事が続いている以上、子供を叱る資格はないといえる。


飲酒運転追放運動を更なる強化を図る必要があります。


ブログピープルに参加しています。応援をお願いいたします。


このブログを登録 by BlogPeople
テレビブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。